本文へスキップ

株式会社テクニカは粉粒体充填を専門とする会社です。

TEL. 03-3832-0013

〒110-0016 東京都台東区台東1-27-11

充填機 テクニカ 粉体充填 脱気充填

株式会社テクニカは、粉体充填の未来を創る会社です。

TOPICS

  • 弊社「粉体ガス置換充填装置」 特許を取得しました。
  • 弊社「真空脱気ユニット」は、特許を取得した独自の粉粒体排出制御装置です。
  • 食品開発展2016 展示会は大盛況のうちに終了いたしました。
    お忙しいところ、わざわざお越し頂いた皆様には、ここで改めまして御礼申し上げます。
    ありがとうございました


NEWS新着情報

2016年9月23日
食品開発展2016 リンク追加しました。
2016年 5月30日
FOOMA JAPAN 2016(2016 国際食品工業展) リンク追加しました。
2015年 9月15日
JAPAN PACK 2015(2015 日本国際包装機械展) リンク追加しました。
2015年 5月22日
FOOMA JAPAN 2015 (2015 国際食品工業展) リンク追加しました。
2014年 3月18日
FOOMA JAPAN 2014 (2014 国際食品工業展) リンク追加しました。
2012年 8月 8日
サイトをオープンしました。

テクニカ オーガー充填機

粉粒体を定量充填するには、いくつかの方法があります。
粉粒の色々な物性、求める精度と速度、容器の種類、機械の価格と運転経済コスト、求めるフレキシビリティの程度、等々の中で優先される条件の勘案から、充填方式を、ひいては充填機の選定が通常行われています。
充填する粉粒体が一定の密度を維持するもの、或いは、維持するように出来れば容量充填方式は、比較的低費で、高生産性を提供し、尚且妥当な充填精度が得られる方法と云えましょう。オーガー式充填機は、その代表的な方式であり、流動性、非流動性、の何れにも対応出来る万能機とも云えるでしょう。オーガーの各ピッチが単位容量と見なされ、通常、オーガー回転数で充填容量が決まります。
弊社は永年に亙る豊富な経験から、粉粒体の充填にはこのオーガー充填機が、他の方式に勝るものであると確信し、その確信のもと、蓄積したノウ・ハウと得られるハイ・テクを駆使して、機能の万全を期し、粉粒体の充填作業工程に貢献したいと願っております。

バナースペース

株式会社テクニカ

〒110-0016
東京都台東区台東1-27-11 
佐藤第2ビル

TEL 03-3832-0013
FAX 03-3832-0114